• ホーム
  • 学生時代の肌荒れが大人になっても残る理由

学生時代の肌荒れが大人になっても残る理由

笑顔の女性

学生時代の肌荒れは、若い頃に治まれば良いのですが。
大人になっても残ることがあります。残るというよりも、実は確実にニキビなどの肌荒れは変化をしています。
人間は思春期と、20歳を超えた大人とでは体内における仕組みも、生活環境も大きく変わってきます。
思春期にできたニキビなどのトラブルは、時期が訪れることで治ることが多いですが、大人になっても治らないのは、珍しいことではないです。思春期は13歳から18歳の第二成長期における変化があります。
その間は男性ホルモンの分泌が多くなり、男性ホルモン分泌が過剰であるため、皮脂腺を刺激してさらに皮脂が多く出てきます。
第二次成長期が終わりに近づいてくれば、男性ホルモンの分泌も、次第に落ち着くことになります。そうすると、自然にニキビなども、いつも間にか発生しなくなります。
ですが、これに生活習慣とか食事、環境なども関わるため、そのまま大人ニキビにまで持ち越すことがあります。大人ニキビは厄介であり、治りにくい上に繰り返します。
菱野過剰な分泌にとどまることはなく、昼の生まれ変わりであるターンオーバーも遅くなるのが大人の皮膚です。大人になればメイクもしますし、外部からの刺激設けやすい環境は多くなるのとともに、職場や人間関係のストレスも大きくなってきます。
それに大人になると時間もなくなってきますし、毎日が忙しくて眠る時間も削られてしまい、肌の修繕に必要な深夜の時間にも影響します。
トータル的な環境の変化とメンタルバランスも関わり、大人になっても肌荒れがしやすくなります。改善は根本からのリセットです。
食事と睡眠を正しく整えること、そしてホルモンバランスを整えて、スキンケアもすることです。